2022 Pâtisserie Française 51

第51回
現代フランス製菓技術 特別講習会

51e COURS DE TECHNOLOGIE DE
PATISSERIE FRANCAISE MODERNE PAR MONSIEUR Thomas Moulin

名匠が経営する数々の星付きレストランで研鑽を積み、
現在はパレスホテル東京 フランス料理「エステール」のペストリーシェフとして活躍する
トマ・ムーラン氏の名匠の伝統的な技術を継承した、美しく多彩なルセット16種

講師

トマ・ムーラン氏

Thomas Moulin

PASTRY CHEF
  • BTM(Brevet Technique des Métiers) パティシエ
  • MC(Mention complémentaire)パティスリー・デザートラシエット
  • BEP(Brevet d’étude professionnelle)パティシエ・ショコラティエ・グラシエ

エピローグ

épilogue

(後日公開)

ご挨拶

ASSOCIATION DE LA CULTURE FRANCAISE

1976年以来毎年定期的に開催し、好評を博していた現代フランス製菓技術特別講習会。感染症の世界的な流行により一時中断しておりましたが、今年3年ぶりに開催する運びとなりました。51回目の今回は、東京大手町にあるパレスホテル東京 フランス料理「エステール」のペストリーシェフ、トマ・ムーラン氏を招いて開催いたします。

フランス料理「エステール」は、巨匠アラン・デュカス氏が設立した「デュカス・パリ」を2020年にパートナーに迎え入れ、オープンしたばかりでありながら「ミシュランガイド東京2022」に1つ星として掲載されているレストランです。そこで腕を奮っている氏は、フランスやロンドンの星付きレストランで様々な名匠の下で研鑽を積み、若くしてシェフを務めている大変優秀なパティシエです。

本講習会の目的は、フランスの製菓芸術の紹介にありますが、併せて日仏文化・経済の交流を計り親善の強化に役立ちたいとする願いを込めて開催するものです。

日本の製菓界に活躍される皆様に、本講習会へのご参加のご案内を申し上げます。

2022年5月
フランス文化を識る会
ASSOCIATION DE LA CULTURE FRANCAISE

MESSAGE

一般社団法人 日本ホテル協会 会長 森 浩生 氏

フランス文化を識る会が、若き優秀なパティシエである パレスホテル東京 フランス料理「エステール」のペストリーシェフ、トマ・ムーラン氏を招き、コロナ禍で3年ぶりとなる、第51回現代フランス製菓技術特別講習会が開催されることは、誠に時宜を得た企画だと思います。

私は、日本製菓界で活躍される多くの方々がこの講習会に参加されて、氏から伝統的なフランス菓子を学ぶことは、我国の製菓界の未来に大いに役立つものと確信いたします。

2022年5月
一般社団法人 日本ホテル協会
会長 森 浩生