2024 Cuisine Française 59

第59回
現代フランス料理技術 特別講習会

59e COURS DE TECHNOLOGIE DE CUISINE FRANÇAISE MODERNE PAR Guillaume ROYER

ワインの銘醸地 ブルゴーニュ地方シャトーヌフ・ジュヴレ‐シャンベルタンで
コンセプトの違う3つのレストランを経営するM.O.F.シェフによるルセット
テロワール・ヴィーガン・スペシャリテ 18種

講師

ギヨーム・ロワイエ氏

Guillaume ROYER

QUALIFICATIONS / EXPERIENCE
  • 1999年:CAP(職業適性能力資格)cuisine 取得
  • 1999年:CAP(職業適性能力資格)pâtissier 取得
  • 2007年:第41回<ル・テタンジェ>国際料理賞コンクールフランス大会優勝
  • 2007年:第41回<ル・テタンジェ>国際料理賞コンクールアンテルナショナル第2位
  • 2008年:マガジン・ル・シェフ コンクール・エスポワール・ド・ラネ ファイナリスト
  • 2008年:コンクール エトワール・ド・ムージャン 第2位
  • 2015年:M.O.F.(フランス国家最優秀職人章)受章
  • 2016年:ゴ・エ・ミヨ<明日のグランシェフ賞>に選出

ご挨拶

ASSOCIATION DE LA CULTURE FRANCAISE

1969年以来、毎年定期的にフランスから優れた料理人を講師に招いて「現代フランス料理技術特別講習会」を開催してまいりました。

今回招聘いたしますギヨーム・ロワイエ氏は、2007年に<ル・テタンジェ>国際料理賞コンクール・アンテルナショナルで第2位、2015年にはM.O.F.(フランス国家最優秀職人章)を受章されているブルゴーニュ地方出身のシェフです。エグゼクティブシェフを5年間務めたホテル「アベイ・ド・ラ・ビュシエール」のレストラン「1131」ではミシュラン1つ星を獲得、現在はコンセプトが違う3つのレストラン「オーベルジュ・ド・ギヨーム」「ラ・ターブル・ド・ギヨーム」「レ・グリオット」を自営しております。

秋になると収穫を終えた葡萄の葉が黄金に輝くことから名づけられたコート・ドール(黄金の丘)。フランスが誇るこのワインの銘醸地、そして特徴ある料理が様々あるこの地で生まれ育った氏によるテロワール料理、レストランで人気のあるスペシャリテ、最近特に注目されるようになったヴィーガン料理を3日間に渡りお届けいたします。

本講習会の目的はフランスの料理芸術の紹介にありますが、併せて日仏文化・経済の交流を計り親善の強化に役立ちたいとする願いを込めて開催するものです。

2024年2月
フランス文化を識る会
ASSOCIATION DE LA CULTURE FRANCAISE

MESSAGE

一般社団法人 日本ホテル協会 会長 定保 英弥 氏

フランス文化を識る会が主催となり、「フランスで最も美しい村」に認定されているブルゴーニュ地方・シャトーヌフやワインの銘醸地であるジュヴレイ・シャンベルタンでレストランを経営しているギヨーム・ロワイエ氏を招き、第59回現代フランス料理技術特別講習会が開催されることは、大変意義のあることだと思います。

講習会ではフランスを代表するワイン、特徴ある郷土料理、個性あふれるブルゴーニュ地方の料理文化を、その地で生まれ育ったシェフに披露して頂きます。
フランス料理の新しい発見と、ヴィーガンの方々への料理も紹介されますので、貴重な機会となることでしょう。

多くの方々がこの講習会に参加され、ギヨーム・ロワイエ氏からフランス料理の伝統的な味や技を習得することにより、日本におけるフランス料理がさらなる発展を遂げることを願っております。

2024年2月
一般社団法人 日本ホテル協会
会長 定保 英弥