参加要項ダウンロードの仕方がよく分かりません。

エントリーフォーム送信後に表示されるダウンロードボタンを押すと左下にポップアップが表示されます。

こちらがダウンロードされた参加要項です。

ダブルクリックで中身のファイルが確認できます。このファイルを保存先を指定して保存してください。

また上記のステップで保存をしなくても、自動的にデフォルトでは「ダウンロード」フォルダに保存されます。
「ダウンロード」フォルダは、左下のWindowsアイコンをクリック → 左側のバーの中のWindowsシステムツール → PC → 「ダウンロード」フォルダ で確認できます。

エントリーをしたあとに「ダウンロード期限切れ」の表示がでて、ダウンロードができません。または、ダウンロードはできましたが、ダウンロード資料が文字化けしています

Webページの閲覧履歴が残っている可能性がありますので、シークレットモードの画面にしていただいてから、再度フランス文化を識る会のホームページへアクセスをお願いいたします。

<シークレットモードの仕方>

【Windowsパソコンの場合】
Google Chromeを起動している状態で「Ctrlキー + Shiftキー + Nキー」を同時押しすると別ウィンドウが開き、シークレットモードが使えます。

【Macの場合】
Google Chromeを起動している状態で「⌘キー+ Shiftキー+ Nキー」を同時押ししてください。

シークレットモードで再度エントリーをしていただいても「ダウンロード期限切れ」の表示がでてきた場合や資料が文字化けした場合は、フランス文化を識る会へお問い合わせください。

申込書類の提出先が分かりません。どこからアップロードすればいいですか?

エントリーシート送信後に、ご登録いただいたメールアドレス(E-MAIL(個人))に自動返信メールをお送りしています。
そのメール本文に提出書類アップロード先URLを記載しております。
そちらのURLをクリックしていただくか、インターネット検索にURLを貼り付けていただければ、参加申込書アップロード画面にアクセスできます。
また、ダウンロード書類の参加募集要項、参加申込書WEB提出方法にもアップロード先URLを記載しています。

自動送信メールが届きません。

迷惑メールフォルダーに振り分けられていないかご確認ください。
inquiry@acfrance.comからメールが受信できるように、迷惑メールの設定を解除するか、メールアドレスの登録をお願いいたします。

「牛肉は持ち込み可能」と規約には書いてありますが、日本から和牛の持ち込みはできるのでしょうか?

フランスへの個人での牛肉の持ち込みは出来ません。
フランスでの和牛はオランダ和牛が有りますが希望部位の入手が困難だと思いますので、日本で手に入るフランス産牛肉でのレシピが無難だと思います。フランスでも和牛が販売されているとの情報が有りますが販売者の確認が取れません。

ダウンロード資料の「ルセット・材料注文表」の中に、ルセットのシートはありますが、材料注文表のシートが見つかりません。

材料注文表のシートが見つけられていない状態になっているかと思います。「ルセット・材料注文表」のExcelを開き、画面左下の矢印(赤〇)部分にカーソルを合わせて数回クリックいたしますと、シートが左方向に移動し、<材料注文表>が出てまいります。

提出用料理画像のデータですが、アシェットに1人前の料理を盛った画像を13点提出するという解釈でいいですか?

1人前・1皿の料理写真を撮影角度を変えて最低6枚(最大12枚まで)提出をお願いしております。また、ご自身のコックコート姿の画像を1枚添付する必要があります。画像についての注意事項は規約に掲載していますので、必ずご一読ください。


食材の持ち込み可能とのことですが、既製品を使っての調理は可能ですか?例えば、マッシュポテトの粉などは可能ですか?

可能ですが、調理品は含まれません。マッシュポテトの粉の使用は可能です。


電子レンジの使用は認められますか?

認められません。


1人に1台コンベクションオーブンはつきますか?

つきません。共用です。


ブラストチラーはありますか?

ありません。


材料を半分しか使用しません。その場合は、1/2牛タンというようなレシピの表記の仕方でいいですか?

その表記の仕方で問題ありません。


ソース・ジュ・ブイヨンは必要に応じて作るとありますが、フォンドヴォーのような4時間では難しいものは持ち込み可能ですか?

フォンの持ち込みは可能です。


提出書類①-2のすぐ下に記載のPAYS:….NOM:….PRÉNOM….は記入が必要ですか?

ご記入をお願いいたします。


材料注文表に産地とありますが、例えば熊本県の牛肉と記入し実際フランスでの本選はシャロレー牛でと言う事になっても問題は無いですか?

特に問題はないですが、肉そのものの質が異なりますので、調理方法を変えなくてはいけないと思います。フランスでも日本からの和牛を取り扱っているところが有るそうですが希望の品物が購入できるかは保証できません。


フランス産の菊芋を使いたいのですが、日本では今手に入りません。その場合日本予選で国産のものを使い、本選でフランス産のものを使おうと思っています。その場合、ルセットにはフランス産の菊芋と表記してしまっていいのでしょうか?

フランス産と表記して大丈夫です。


フランス産のフィレを使おうと思うのですが、原価計算の場合フランスで手に入る値段でいいのでしょうか。それとも日本で購入する価格でしょうか。それによってかなり値段が変わってきます。

フランスで国内での業務用仕入価格です。きわどい計算になるようであれば、フランスのコンクール委員会にシャロレー、リムザン位のフィレ、ロースの常識的な判断単価を日本事務局より問い合わせることは可能です。 フランスからもすぐに返信が来るかはわからないので、ご希望であれば早めにご連絡ください。


フォンは大丈夫とのことですが、フォンドヴォライユは大丈夫と言うことですか?

フォンドヴォライユも持ち込みは可能です。ですが、フランスのコンクール事務局からは、「コンクールに挑戦する人たちはみんな同じ条件です。制限時間内に作成するのはどうしても困難なことですか?審査員は持ち込むよりもその場で作ったほうを好むでしょう。」とのメッセージをいただいています。