2016 PRIX CULINAIRE <LE TAITTINGER> 50

第50回 <ル・テタンジェ>国際料理賞
コンクール・ジャポン2016
最終審査結果

50éme PRIX CULINAIRE INTERNATIONAL LE « TAITTINGER »

コンクール・ジャポンの第1次審査(書類選考)は8月2日に行われ、全国から応募した61名の中から選ばれた8名が、9月6日に東京調理製菓専門学校(新宿)で行われた実技選考に臨んだ。
8名の参加者は2点の料理を5時間で制作し、コンクール・ジャポン最終審査はル・テタンジェコンクール国際規約にのっとって行われた。
コンクールの規則は、パリ、ブールヴァール・マジェンタ156番地法廷執行官ポーペール・リエヴァン事務所に提出されており、ポーペール・リエヴァン氏がコンクールの合法性を監視するものである。

受賞者

優勝

吉本 憲司

ホテルインターコンチネンタル東京ベイ・東京都

2位

鎌田 英基

帝国ホテル・東京都

3位

中野 琢治

ザ・リッツカールトン大阪・大阪府

テーマ

ル・テタンジェコンクール国際規約に則り、2点の料理を5時間で制作した。

1.書類選考に提出したオリジナル・ルセット 
8人分

Filet de boeuf entier(2.2 kg brut environ)

Farcie de foie gras ou farce à base de foie gras et champignons de pays

3 garnitures :
・Cromesquis à base de moelle
・Un gratin de pommes de terre et Beaufort (plat ovale, diamètre 24x16cm)
・1 garniture libre à base de carottes

Dressé sur un plat rectangulaire 40×60 cm (environ)

フィレ・ド・ブッフ・アンティエ
(被りの脂を取り除いた状態で約2.2kg、オーストラリア産、ミドルグレインフェッド)

フォワ・グラのファルシまたは、フォワ・グラと国産きのこ(生、乾燥問わず)をベースとしたファルス

3種類のガルニチュール
・骨髄をベースにした“クロメスキ”
・ジャガイモとボーフォールチーズのグラタン(長径24cm、短径16cmのオヴァル型使用)
・人参をベースにした自由選択

料理の盛付け:自由、長方形のプラター(約40x60cm)に盛り付けること

2.審査委員長による課題ルセット
-実技選考当日発表

Bisque ou Coulis d’écrevisses à l’ancienne.
ビスク・ウ・クーリ・デクルヴィス

コンクール・ジャポン最終審査結果は、シャンパーニュ・テタンジェ社社長ピエール・エマニュエル・テタンジェ氏同席のもとに9月6日ホテルニューオータニでおこなわれた授賞式にて発表され、以下の授与が執り行われた。

コンクール・ジャポンの賞

優勝者

第1位のディプロム、第1位のカップ、
シャンパーニュ・テタンジェ(マチュザレム)
副賞として2,400ユーロ相当の小切手

第2位

第2位のディプロム、第2位のカップ、
シャンパーニュ・テタンジェ(ジェロボアム)

第3位

第3位のディプロム、第3位のカップ、
シャンパーニュ・テタンジェ(ジェロボアム)

ファイナル実技審査の出場者で
第1位~3位以外の者全員に、
第50回ル・テタンジェ国際料理賞コンクール・
ジャポンのファイナリストを証明するディプロム、
シャンパーニュ・テタンジェ(ジェロボアム)

最終審査(ファイナル実技審査)に望んだ
8名のリスト

竹下 公平浦和ロイヤルパインズ
西川 仁ホテル阪急インターナショナル
茂手木 了品川プリンスホテル
竹末 宗弘セルリアンタワー東急ホテル
坂田 知昭びわ湖大津プリンスホテル
宮武 秀和ザ・プリンスパークタワー東京
鈴木 康平ホテルニューオータニ
山下 美都穂大阪新阪急ホテル

ル・テタンジェ国際料理賞
コンクール・ジャポン審査委員

審査委員長

堀田 大(株)マンジュトゥー代表取締役
1984年、<ル・テタンジェ>国際料理賞コンクール(パリ)に、
日本人として初めて参加しグラン・プリを獲得

実技選考委員

伊佐 武二オフィスI・S・A 代表
石井 剛レストランモノリスオーナーシェフ
大溝 隆夫フランス料理ボルドー代表取締役料理長
岸 義明ホテルインターコンチネンタル東京ベイ
執行役員総料理長
工藤 雅克ディズニーアンバサダーホテル
エグゼクティブスーシェフ
田中 健一郎帝国ホテル東京専務執行役員総料理長
外山 勇雄東京會舘常務取締役総料理長
Dominique CORBYフレンチ割烹ドミニク・コルビ代表取締役
福田 順彦セルリアンタワー東急ホテル副総支配人総料理長
Philippe BATTONプチ・トノー代表取締役
Bernard AnquetilフレンチF&Bジャパン株式会社食材事業本部長
中村 勝宏ホテルメトロポリタンエドモンド名誉総料理長
Mathieu TaussacGourmet consulting 代表取締役
Renaud Augierホテルニューオータニトゥールダルジャンシェフ
吉田 功ザ・プリンスパークタワー東京
レストランブリーズヴェールシェフ
*田中様、岸様、工藤様、吉田様は、ファイナリストに関係者がいる為審査に参加していない

書類選考委員

市川 博史京王プラザホテル 取締役総料理長
柏木 健一ホテルグランヴィア大阪 
レストラン フルーヴシェフ
河野透レストランモナリザ オーナーシェフ
佐野文彦びわ湖大津プリンスホテル 洋食料理長
下村 康弘(株)オリエンタルランドフードオペレーション部 
フードオペレーショングループクラブ33 シェフ
髙橋義幸帝国ホテル 東京調理部長
高良康之銀座レカン 総料理長
中宇祢満也浦和ロイヤルパインズホテル 総料理長
西口章二ホテルニューオータニ 西洋料理料理長
沼尻寿夫ウェスティンホテル東京 総料理長
山下泉レストランロオジェ 料理長

パリ・ファイナルに於ける歴代日本人入賞者

1984年優勝堀田大氏(東洋軒、東京都)
1994年3位佐野文彦氏(大津プリンスホテル、滋賀県)
2001年3位中宇祢満也氏(浦和ロイヤルパインズホテル、埼玉県)
2002年3位佐藤浩氏(浦和ロイヤルパインズホテル、埼玉県)
2003年3位柏木健一氏(ホテルグランヴィア大阪、大阪府)
2008年2位下村康弘氏(株式会社オリエンタルランド、千葉県)
2010年3位大和幸義氏(帝国ホテル東京、東京都)
2013年3位鎌田英基氏(帝国ホテル東京、東京都)
2014年3位川本善広氏(ホテルグランヴィア大阪、大阪府)
(所属は当時のものです)

優勝者は、今年11月16日、パリで行われるコンクール・アンテルナショナル(国際ファイナル・コンクール)参加を兼ねて配偶者と共にパリに招待されます。

<ル・テタンジェ>国際料理賞コンクールは50年の歴史を持ち、この間数多くの優れたシェフを輩出してきました。日本においては一時中断もありましたが、毎年定期的に開催し続けている国際料理コンクールに直結した日本で唯一のフランス料理コンクールとして高く評価されています。

*このコンクールは明確な2段階をもつコンクール、つまり参加各国でのコンクールは予選ではなく各国での<ル・テタンジェ>国際料理賞コンクール・ナショナル(参加各国名)であり、各国のコンクールの優勝者がパリに集まって行うものが<ル・テタンジェ>国際料理賞コンクールです。

国際ファイナル・コンクール(パリ)

日付

2016年11月16日

参加国

フランス(アンドール公国、モナコ公国を含む)、ドイツ、日本、スイス、ベルギー、ルクセンブルク、オランダ、イギリス

  • 参加各国でのコンクール優勝者は、ファイナリストとして2週間前に招集状と共に一般テーマ(例:魚、甲殻類、肉、ジビエ、家禽 等…)、を受け取る。
  • コンクール前夜、法廷執行官立ち会いのもと、コンクールの明確なテーマ及び材料リストがくじで決められる。ファイナリストはその材料リストから必要な材料を選び出し、オリジナル・ルセットの料理制作にあたる。
  • 国際ファイナル当日、各参加者は5時間以内に料理を仕上げる。

国際ファイナル・コンクールの賞

優勝者

10,000ユーロの賞金

トロフィー <エル・グスト>。
このトロフィーは本コンクールのため
にミゲル・ベッロカ氏が創作したもの

ラ・クープ・ヴァンクール
(歴代全ての優勝者の名前が刻まれた大杯)は、
後に開かれるプレスのためのデイナー
(優勝者がコンクールで作った料理を
自身の手で準備する)の時に手渡される

メダル
<ピエール・テタンジェ国際料理賞コンクール>
(ピエール・テタンジェの肖像が刻まれている)
彫刻家ポール・ベルモント作

第2位

カップ、4,800ユーロの賞金

第3位

カップ、2,500ユーロの賞金

出場者全員に、記念カップ及び
ル・テタンジェ国際料理賞
コンクール出場を証明し、
その結果を載したディプロムを授与

コンクールに関するお問合わせ先

<ル・テタンジェ>国際料理賞コンクール・ジャポン
事務局 フランス文化を識る会
〒160-0023 
東京都新宿区西新宿8-14-24 西新宿KFビル5階
TEL:03(5937)4412 FAX:03(5937)1891