2020 PRIX CULINAIRE <LE TAITTINGER> 54

第54回 <ル・テタンジェ賞>
国際シグネチャー
キュイジーヌコンクール
日本大会 最終審査結果

54回 ル・テタンジェ賞 国際シグネチャーキュイジーヌコンクール 日本大会

LE TAITTINGER
54éme PRIX INTERNATIONAL DE CUISINE D'AUTEUR
SELECTION DU JAPON

1967年に誕生した<ル・テタンジェ賞>国際シグネチャーキュイジーヌコンクールは、54年の歴史を持ち、この間数多くの優れたシェフを輩出、毎年開催し高く評価され続けている国際料理コンクールです。さらに変化していく時代にあったコンクールとなるべく、料理人一人ひとりの個性を大事にするべく、新たな歩みを続けています。

本年は、世界中で新型コロナウィルスによる社会的な混乱の中開催が危ぶまれましたが、無事日本大会を開催することができました。今回より、参加申込書類を郵送ではなくWEBによる受付に変更し、事務の面からも時代に即したやり方に変更いたしました。

書類選考は10月7日(水)に行われ、全国から応募した10名の中から厳正なる審査によって3名が選ばれました。また、日本大会では初の試みとして、選ばれた本人が調理をせず、日本大会事務局から依頼した料理人によって調理し、その味を審査する「試食審査」が10月28日(水)に東京ガス業務用テストキッチン「厨BO!YOKOHAMA」(横浜)にて行われました。

例年のような授賞式パーティーは中止になり、審査結果は試食審査後に同会場にて発表されました。優勝者は、2021年1月下旬、パリで行われる予定のコンクール・アンテルナショナルに参加いたします。

ル・テタンジェ賞国際シグネチャー
キュイジーヌコンクール 受賞者

ル・テタンジェ賞国際シグネチャーキュイジーヌコンクール 最終選考の厳正な審査の結果は、以下の通りです。

優勝

堀内 亮

パレスホテル

堀内氏 コメント

今回テタンジェに参加すると決めてから周りの方々の多くのサポートや温かい支えがあり、それがあったからこそ自信となり勝つ事ができたと思います。

今後、世界大会に向け精度をあげルセットを見直し、日本人として3人目の世界一になるよう気を引き締めて日々精進します。 引き続き応援よろしくお願い致します。

2位

神戸 宏文

東京會舘本館

3位

石井 友之

株式会社ひらまつ


第54回コンクール テーマ

テタンジェ賞国際シグネチャーキュイジーヌコンクール規約に則り
書類選考に提出したオリジナル・ルセット

Interprétation d’un morceau
de boeuf au choix
pour 8 perssonnes
8 assiettes avec un budget maximum de 50€
(400€ au total)

牛肉(好きな部位/温製料理)

審査委員

審査委員長

堀田 大株式会社マンジュトゥー 代表取締役
1984年、ル・テタンジェ国際料理賞コンクール・アンテルナショナルに、
日本人として初めて参加しグラン・プリを獲得

書類審査委員

Ronan CADORELパークハイアット東京 総料理長
Sebastien MARTINフランス大使館 料理長
中宇祢 満也ホテルインターコンチネンタル東京ベイ 総料理長
下村 康弘株式会社オリエンタルランド
フード本部 フードオペレーショングループ部 総料理長
関谷 健一朗ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション 総料理長

試食審査委員

Christophe PAUCODLugdunum Bouchon Lyonnais 代表取締役
Michaël MICHAELIDISガストロノミー ジョエル・ロブション 総料理長
Renaud AUGIERトゥールダルジャン 東京 総料理長
岸 義明ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル 執行役員 統括総料理長
高良 康之レストラン ラフィナージュ オーナーシェフ
朝比奈 悟アサヒナ ガストロノーム オーナーシェフ
山本 修司毎日新聞社 営業総本部補佐 オリンピック、パラリンピック室長
曽根 清子株式会社料理通信 編集部 編集長

調理

高橋 哲治郎ホテルオークラ東京 ヌーベル・エポック料理長
池田 進一ホテルオークラ東京 宴会調理副料理長
飯笹 光男シェ・フルール 総料理長

コンクール・アンテルナショナルに於ける歴代日本人入賞者

1984年優勝堀田 大氏(東洋軒、東京都)
1994年3位佐野 文彦氏(大津プリンスホテル、滋賀県)
2001年3位中宇祢 満也氏(浦和ロイヤルパインズホテル、埼玉県)
2002年3位佐藤 浩氏(浦和ロイヤルパインズホテル、埼玉県)
2003年3位柏木 健一氏(ホテルグランヴィア大阪、大阪府)
2008年2位下村 康弘氏(株式会社オリエンタルランド、千葉県)
2010年3位大和 幸義氏(帝国ホテル東京、東京都)
2013年3位鎌田 英基氏(帝国ホテル東京、東京都)
2014年3位川本 善広氏(ホテルグランヴィア大阪、大阪府)
2016年3位吉本 憲司氏(ホテルインターコンチネンタル東京ベイ、東京都)
2017年2位坂田 知昭氏(びわ湖大津プリンスホテル、滋賀県)
2018年優勝関谷 健一朗氏(ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション 、東京都)
(所属は当時のものです)

コンクールに関するお問合わせ先

<ル・テタンジェ>国際料理賞コンクール・ジャポン
事務局 フランス文化を識る会
〒160-0023 
東京都新宿区西新宿8-14-24 西新宿KFビル5階
TEL:03(5937)4412 FAX:03(5937)1891