NOUVELLES

第57回 現代フランス料理技術特別講習会
関谷シェフ ゲスト参加決定

57ème COURS DE TECHNOLOGIE DE CUISINE FRANCAISE MODERNE

フランス文化を識る会

今回の開催では、スペシャルゲストとして「ジョエル・ロブション」ディレクトゥール・キュイジーヌの関谷健一朗シェフをお迎えすることになりました。

関谷シェフは、今回の講師「トゥールダルジャン 東京」エグゼクティブシェフのルノー・オージエ氏とも親交があり、実現いたしました。フランスと日本の架け橋になるお二人がどのようなインフルエンスを起こすのか、お楽しみください。


【関谷シェフ 披露メニュー】

講習1日目(3月1日) LE TURBAN DE SOLE
講習2日目(3月2日) LE PIGEON AU CHOU ET FOIE GRAS

「LE TURBAN DE SOLE」は、2018年<ル・テタンジェ>国際料理賞コンクールで優勝した際に作ったメニューです。「 LE PIGEON AU CHOU ET FOIE GRAS 」は関谷シェフのスペシャリテ。今回は講習と共に、当時のコンクールの様子についてもお話してくださることになっています。

<関谷 健一朗 氏> プロフィール

【略歴】

1979年千葉生まれ
2002年渡仏
2006年~2010年「ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション」(パリ)*ミシュラン2つ星
弱冠、26歳の若さでロブション氏の推挙によりスーシェフに抜擢
2010年~2020年「ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション」(東京・六本木) シェフ
*ミシュラン2つ星(ミシュランガイド東京2008創刊より15年連続)
2020年「ジョエル・ロブション」 エグゼクティブシェフ
2021年 「ジョエル・ロブション」 ディレクトゥール・キュイジーヌ

【賞】

2019年第52回<ル・テタンジェ>国際料理賞コンクール インターナショナル大会 優勝

申し訳ございませんが、今回の講習会は延期とさせていただきます。
詳細はこちらをご覧ください。

            

前回の講習会について知りたい方はこちらからご覧ください
第56回現代フランス料理技術特別講習会ページ