フランス文化を識る会は、フランスで9番目の芸術(9ème Art)と呼ばれるフランス・ガストロノミーを通した日仏文化交流を、1969年以来毎年行っています。

講習会|フランス文化を識る会 〜Association de la Culture Francaise〜

ラッピング・ディスプレイ講習会

第20回製菓界のためのフランスのラッピングとディスプレイ技術特別講習会
第20回製菓界のためのフランスのラッピングとディスプレイ技術特別講習会
テーマ:LES SAISON(四季)
マダム マルティーヌ・ベルテのエレガントなラッピング、ディスプレイが演出する
魅力的な店作りと菓子の魅せ方
ゆったりとしたサロンであなたのセンスが輝きます

主催
フランス文化を識る会

後援
フランス製菓最高技術者協会
フランス製菓連合会
ラ・サン・ミシェル製菓者協会
社団法人 日本ホテル協会
社団法人日本洋菓子協会連合会
社団法人 日本エスコフィエ協会
フランス観光開発機構

協賛
東京リボン株式会社
株式会社旭屋
柳井紙工株式会社
アイハラ貿易株式会社
日本リカー株式会社
サンエイト貿易株式会社
フレンチF&Bジャパン株式会社

講習会日程
札幌講習(2日間):9月19日(水)・20日(木)AM9:00〜PM4:00

●今年は、講師の都合 により札幌講習のみとなります
●ご参加の方 には札幌駅、千歳空港 から会場までのアクセ スをご連絡致します

会場
ペイストリースナッフルスさっぽろ 清田店〈www.snaffles.jp〉
北海道札幌市清田区清田二条3丁目10-55
受講費用
◇札幌講習講習(2日間):54,000円(本体51,429+税2,571、材料費含む)
※1日間(28,000円、材料費、消費税含む)の受講も受付いたします。
(注)ハサミ、ホチキス、セロハンテープ、カッター、スケール、糊他の道具類、必要に応じ箱の中に詰める菓子類他は参加者持参とします。

その他事項
◯募集人員は30名とします。
◯受講希望者多数の場合は、先着順に申し込みを受け付けます。
○専門通訳がつきます。
○受講証及び受講修了証を発行いたします。
◯受講料は全額前納とし、払い戻しは理由の如何を問わずいたしません。但し代理者の出席は認めます。
◯受講料は銀行振込でお願いいたします。(振込料ご本人負担)

振込先:みずほ銀行・六本木支店 口座番号(普)2614031 フランス文化を識る会(フランスブンカオシルカイ)


*尚、受講申込書に記載された個人のプライバシーに関する情報を外部に公表することは一切ありません。

講師

マダム マルティーヌ・ベルテ (Mme Martine BERTHET)
●1954年に生まれる
●1992年度アンテルシュック(パリ)プレザンタシオン部門、フランス・チャンピオン
●フランス国立イッサンジョー高等製菓技術学校の教授およびフランス各地の製菓関係女性研修センター でラッピング、ディスプレイの教授として活躍している
●名製菓店<オ・パレ・ドール>をブルゴーニュ地方マコンにてジェラール・ベルテ氏と共に、2010年まで36年間自営する。


ディスプレイ・コンクール
1988年:ガストロノミー・フェアー(ディジョン)第1位
1989年:ガストロノミー・フェアー(ディジョン)第2位
1989年:ピエール・ボン第2位
1989年:ローヌ・アルプ製菓見本市第1位
1989年:トロフェ・オール銀 賞
1990年:国際製菓見本市(アンテルシュック・パリ)フィナリスト
1992年:フランス製菓連合会賞金メダル
1992年:国際製菓見本市(アンテルシュック・パリ)
商品プレザンタンシオン部門のフランス・チャンピオン
2000年:国際製菓見本市(アンテルシュック・パリ)
コンクール<フェ・デ・ドラジェ>のフィナリスト

メッサージュ

ボンジュール 美味しいお菓子を引き立たせ、お店のウィンドーを素敵に飾る、きっとお気に召していただけるような ラッピングの新しいクリエーションをたずさえて日本にまいります。
新しい素材を生かして新たなラッピングを創り、お客様を引きつけるお店づくりをしましょう。
お客様を呼びとめる3つのキーワードは、<驚かせる、魅了する、思い切ったことをする>です。
私たちひとりひとりの技量を高め、自信を持って取り組むことがお店の成功につながります。
まもなく札幌という素晴らしい町で、皆様にお会いできることを楽しみにしております。

2012年7月

講習内容

広々とした店内でラッピング、ディスプレイのセンスと技術を磨き実践に役立つ魅力的な店作りをご提案
講習内容(2日間)
1日目 9月19日(水)
テーマ:PRINTEMPS・ETE(春・夏)
午前:爽やかな春と出産のお祝いをイメージした作品8種類の紹介
午後:講師によるウィンドーディスプレイから店内の空間利用法を学ふ

●<ル・パニエ・プランタニエ(春のパニエ)>
厚紙、布又は紙、そして花と折ったセロファンを用いてパニエの制作
●<ル・カドー・プロヴァンサル(プロヴァンスの贈り物)>
南フランスの色を使ったとても地中海風のプリアージュの箱。この箱にフルーツを盛り、花を飾ります。南フランスの魅力溢れるラッピング
●<ラ・ベル>
布で数種の花をつくり、箱、籠、作品にデコールする素敵なラッピング
●<マルガリータ>
押型で模様をつけたペーパーを用い、花芯に透明な小石使った大きな花を作り箱に糊付けする手早く容易に作れるラッピング
●<ル・ベルソー・ド・マリー(マリーの揺りかご)>
楕円形の箱を用いた揺りかごの制作、ピンクのリボン、白い花のデコール
●<ル・カドー・ネッサンス(お誕生の贈り物)>
お菓子や赤ちゃんへの小さなプレゼントをつめた透明の箱をパステルカラーで飾る *上記ル・ベルソーとル・カドーの2点のプレザンタシオンは、出産したお母さんと赤ちゃんへ贈るお祝いのプレゼントです
●<ラ・ピラミッド・フルーリ(花のピラミッド)>
厚紙を使ったピラミッドの制作。ドラジェやボンボン・ショコラに適した新たなラッピング
●<コンフェクション・ダン・モビル・プール・ユンヌ・シャンブル・ダンファン>
子供部屋用の動くおもちゃの制作(デモ)
●<ウィンドーディスプレイ>
お店の箱を使い店内の雰囲気に合わせたウィンドーディスプレイとデコール
2日目 9月20日(木)
テーマ:AUTOMNE・HIVER(秋・冬)
午前:祭り・儀式・女性らしさをイメージした作品5種類の紹介
午後:講師によるウィンドーディスプレイから店内の空間利用法を学ぶ

●<フェスティフ(お祭り気分)>
コンフィズリーやお菓子の入った袋を入れる厚めの紙袋を用い、リボンで飾る。ほんの少し手を加えることで、小さな贈り物が洗練されたプレゼントに。引き出しの中の眠っていたリボン、花の残りを使うことができる
●<レトワール・フェリック(星の妖精)>
クリスマス用パケ・カドーのプリアージュ。同じカラー又は異なるカラーで図案化した星を作るこの星は、クリスマスの前に沢山作り置きができるので、裏に少し糊をつけて貼るだけで仕上げができる
●<デコラム(儀式)>
高さのある四角い箱を用いたにクラシックなプリアージュイベントに合った飾りを切り抜いて作る。控目ながらも洗練されたデコール。短時間で出来る
●<フェミニテ(女性らしさ)>
厚紙と紙でバッグを作りショコラを入れ花で飾る
●<エタンスラン(きらめき)>
長方形の箱のクラシックなプリアージュ新しい素材を使った、ボリュームと高級感を箱に与えるきれいなプレゼンテーション
●<ウィンドーディスプレイ>
お店の箱を使い店内の雰囲気に合わせたウィンドーディスプレイとデコール
●第2部
14:00~16:00 マダム・ベルテを囲んで参加者との懇親会(スナッフルスのお料理を囲んで)
体験と経験を交換し合うことで各々が豊かになり、仕事への自信 を培いモチベーションを高めます

アンバラージュ(包み方)、アンリュバナージュ(リボン掛け)、プリアージュ(折り方)
いずれも手早く作れて様々なタイプのお店に応用の効くラッピングです


時間の都合により一部講習内容を変更する場合があります