フランス文化を識る会は、フランスで9番目の芸術(9ème Art)と呼ばれるフランス・ガストロノミーを通した日仏文化交流を、1969年以来毎年行っています。

  • ホーム
  • >
  • コンクール
  • >
  • 第50回<ル・テタンジェ>国際料理賞コンクール・インターナショナル(パリ)2016最終報告

コンクール|フランス文化を識る会
〜Association de la Culture Francaise〜

第50回ル・テタンジェ国際料理賞コンクール・インターナショナルが11月16日(火)にパリ商工会議所フェランディ校で行われ、同日夜ガル二エ宮オペラ座(パリ)にて授賞式に続き、歴代メダリストであるレジス・マルコン氏、ジョエル・ロブション氏、ジェレミー・デスブロー氏、ジョナサン・ザンベルゲン氏によるガラ・ディナーが、数々の素晴らしいシャンパーニュとともに饗された。

審査委員長エマニュエル・ルノー氏(レストラン・フロコン・ド・セル、ムジェーヴ、ミシュラン3つ星)をはじめ過去このコンクールに入賞経験のある異なる国から選出された国際審査員(注1)は、第50回ル・テタンジェ国際料理賞コンクール・インターナショナルの結果を下記のように決定しました。
又、日本人として初めて優勝(1984年、第18回ピエール・テタンジェ国際料理賞コンクール)した堀田大氏が、審査委員として参加しました。

注1:国際審査員:調理場審査員:-ベルナール・ルプランス、クリスチャン・ネ、アマンディーヌ・シェニョ、ラルス・ヴァン・ガレン、試食審査員-JPボストゥ、ミッシェル・ルー、ピエール・レジモン、ステファン・ドゥコッタ―ル、堀田 大、ジェラール・ボワイエ、レジス・マルコン、クリスチャン・ル・スケール、ステファニー・ル・ケルク、ギヨーム・ゴメス、ミッシェル・コンビ、アルノー・ラルマン,ウルフ・ワグナー

ファイナリスト

7名--フランス、日本、スイス、ベルギー、オランダ、イギリス

受賞者

  • 優勝:ジュリアン・リシャール氏(Julien Richard)
    フランス、コート・ダ・ジュール イル・デ・ザンビエ


  • 2位:ニコラ・ヘンシンガー氏(Nicolas Hensinger)
    フランス、ムジェーブ ラ・タベルネ・デュ・モン・ダボワ
  • 3位:吉本 憲司氏(Kenji Yoshimoto)
    日本、東京 ホテルインターコンチネンタル東京ベイ



第50回インターナショナル・ファイナル テーマ

Hommage à Michel Comby, premier lauréat du Prix Culinaire (en 1967),
sur l’esprit d’un Turbot à la Nantua Pour 8 personnes
Turbot de 3.5 kg ,Portionné et reconstitué (sans la tête)
Deux garnitures :Une à base de poireaux ,Une à base de céleri boule
accompagné d’une sauce ou d’un jus dans une saucière

ミッシェル・コンビ氏(1967年第1回テタンジェコンクール優勝者)へのオマージュ
エスプリ・ド・アン・チュルボ ア・ラ・ナンチュア 8人分
チュルボ(3.5kg)切り分け、復元(頭なし)
2種類のガルニチュール:ポワローがベースのもの、茎セロリがベースのもの
ソースまたは、ジュをソーシエールに入れて供する

審査委員長による課題ルセット

TARTE A L’ORANGE Pour 8 personnes
Interprétation libre Diamètre 22 cm
Pâte sablée à faire sur place、Oranges non traitées


タルト・ロランジュ  8人分
解釈は自由、直径22cm
パートサブレは、当日作る、加工していないオレンジを用意

1人5時間でテーマ料理と課題ルセットを制作